自宅でもできるホワイトニング?研磨剤はホワイトニングの敵だった!

歯の色が真っ白い人と、黄ばんでいる人。もともとの歯の色が違うわけではなく、適切なデンタルケアの違いでこの差が出てくるのです。

歯磨きを毎日やっていても、どうしても汚れは残ってしまいます。ステインという言葉を聞いたことがあると思いますが、ステインというのは、歯にこびりついた汚れや黄ばみのこと。これは、毎日毎回の歯磨きでは落とすことができなかった汚れが少しずつ歯の表面に沈着していったものです。

食べ物や飲み物などで付着してすぐの汚れというのは比較的落としやすいのですが、歯磨きしても残ってしまったような長い期間、歯についている汚れというのは、文字通り「こびりついて」しまっていてなかなか簡単には落ちてくれません。

そこでやりがちなのが、「歯をゴシゴシと力をいれて磨くこと」です。

力を入れて思い切り磨かないと汚れが落ちないと思ってしまうんですよね。これは半分正解で半分は大間違いです!

というのも、たしかに歯をゴシゴシと磨くことで汚れは多少落ちるかもしれませんが、実はそれ、汚れが落ちているというよりも、歯の表面のエナメル質ごと削り取っている可能性があるからです。

汚れが多少落ちたとしても、歯のエナメル質が削り取られることのデメリットの方が実は大きいんですよね。

歯の表面を守っているこのエナメル質が削り取られることで、歯がしみるようになってしまったという例もありますし、また、歯の表面に傷がつくことでよけいにその傷に汚れがたまりやすい状態になってしまうからです。

歯を磨いて、一瞬はきれいになったと喜んでも、すぐにもっと落ちにくい汚れが表面の傷に入り込んでしまうという悪循環に陥ってしまいかねません。さらに、歯の健康も損なわれてしまっては、いいことが全然ありませんからね。。。

歯をゴシゴシ磨いて一見きれいになったように感じると言うのは、ほとんどが歯磨き粉に入っている「研磨剤」の力によるものです。研磨剤はほとんどの歯磨き粉に入っているので、逆にほとんどの人の歯の表面はこの研磨剤の力で少しずつ削り取られていると考えていいでしょう。

これが、毎日歯を磨いていても、年々汚れが沈着してしまって落ちにくくなっている原因なのかもしれませんね。

そして、この研磨剤を使っていない歯磨きというのも近年いろいろ発売されるようになりました。研磨剤を使わずに、他の成分(ポリリン酸やPAAなど)の力で汚れを落とすのです。研磨剤との大きな違いは、汚れを削り取って落とすのではなく、汚れを分解して歯の表面からはがすような形で落とすという点。

だから、歯の表面を傷つけずに汚れだけしっかりと落とすことができるというわけなんですね。

白い歯を取り戻したいなら、研磨剤が入っていないホワイトニング用の歯磨きを使うのがベストではないでしょうか。あわせて読むとおすすめなサイト⇒ホワイトニング 自宅 人気

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です